顎と枕

芸能人の休日朝に憧れる。
優雅そうだからでは無い。
いや、ある意味では合ってるんだけど。

 

 

僕の趣味趣向はなぜか頭の弱い女と似ていて、とりあえずテレビが大好きだ。
そんな僕が色々な番組を観ていると"ホニャララさんの休日スケジュール"的な内容がよく取り上げられている。
円グラフみたいなヤツだ。

 

 

それを見ると多くの芸能人が、起床→朝食→二度寝、と言う午前中の過ごし方をしている。
僕が憧れるのはこの部分だ。
何とも素晴らしい時間の使い方じゃないか。
二兎追うものが二兎を得るような感じ。

 

 

僕は、睡眠と食事が好きだ。
と言うか、人間の三大欲求にも含まれるこの二つの要素を好かない人はほとんど居ないと思う。
しかし、僕のような一般庶民は、多忙な中に存在する束の間の休日に一挙両得出来る余裕を生憎持ち合わせていない。
朝ご飯を食べたくても、前日の夜更かしが祟って惰眠を貪ってしまい、気付けばAMがPMに変わっている。
仮に、食事を取れる時間を確保出来るぐらい早起きしたとしても、僕の家の冷蔵庫は常にスッカラカンなので、近くのコンビニまでひとっ走りしないといけない。
そうなると目はギンギンに冴えてしまい、二度寝なんて概念は吹っ飛んでしまうのだ。

 

 

だったら前日に何かしら食べ物を買っておけばいいじゃないか、と考える人も居るかもしれないがそれは甘い。
甘い、と言うか僕のことをわかってない。
O型のくせにB型以上に気まぐれな僕は、前の日の夜に食べたかった物が次の日の朝には食べたくなくなっている。
そもそもそれ以前に、僕はクソバカ脳みそなので「うわ〜、次の日の朝にこれを食べるぞ〜!」と遠足前の小学生のように楽しみにしてしまい、寝付く頃には朝方になり、目が覚める頃には昼か夕方になっている。
これでは、"朝ご飯"とは呼べないのだ。
だって朝じゃねーもん。

 

 

なので、睡眠も食事も楽しめる芸能人たちの生活に儚い憧れを抱いてしまう。
羨ましいなあ、ちくしょう。

 

 

まあ芸能人じゃなくても、この生活をしようと思えば出来るんだけど。
でも、僕なんかと違う芸能人なら心にゆとりがあって、先述した内容をきちんと実行出来るんだと思う。
それこそ朝飯前に。

広告を非表示にする