ツイッター

ツイッターのツイートを全て消した。
後腐れはさらさら無く、いずれ削除するだろうな、とは常々考えていた。

 

 

確か大学2年生の頃から始めたサービスで、およそ7年も利用している事になる。
就活直前ぐらいは、もはや中毒とも言えるほど没頭しており、それは日常生活の垂れ流しと言わんばかりに言葉を吐露していた。
電脳世界でなくリアルでこれほど呟いている姿を想像すると、相当危ないヤツに見られることは間違いない。
無責任なディスやももクロの実況、男性器や女性器を扱った汚らしいギャグにドラッグネタ、数えればキリが無いゴミ発言をここぞとばかりに流布していたのだ。

 

 

そこまでハマっていた理由は、しょうもない承認欲求や自己顕示欲がマッチしていたから、であろう。
友達の少ない僕は、そこでの星の数やRTの数で誰かに認められている気がしていた。
また、音楽活動を積極的に行なっていたので、丹精込めた作品が、普通は知り合えないような有名な方に届いたり、まったく面識の無い方がファンになってくれるキッカケとなったり健全なSNSとして機能してくれたから、と言う部分もある。

 

 

しかしながら、その使う理由自体も年々影を潜めてきた。
むしろ、赤裸々な公開自体を恥ずべきものとするようになってきたのだ。
僕が残してきた轍を振り返ると、綺麗なタイヤ痕を付けているつもりが、見ようによっては汚い凹凸を残しているだけとも捉えられる。
後ろから同じ道を辿ろうとする人は、「すげえ!」と感じてくれる人だけでなく、「気持ちわりー!」と拒絶する人も居ることに気付いたのだ。
そんなもんよね。

 

 

だから、そんな過去と決別すべく全ツイート削除を実行した次第である。
実生活と同じく、呟きなんてものは残らないからこそ趣きを感じられる。
まあ、それをこのブログに書いているのだから、結局の所の本質は変わらないのだが。

広告を非表示にする