期待はずれの人

昨日、諸事情で小学生のマラソン大会の手伝いをした。
僕は、セーフティーマンと呼ばれる役で、分かりやすく言えばコースに立って誘導をする係である。
「頑張れー」と、声を掛けながら白旗を振る僕。
かなり冷え込んだ天気の中、ブルブル震える大人と違って、短パン半袖で駆け回る少年少女には「さすが風の子だなあ」と尊敬にも似た眼差しを送ってしまった。
多分頑張った方がいいのは、仕事も辞めてプラプラしている僕の方だ。

 

 

しかしながら、一年生のレース中に事件は起きた。
僕が白旗を振っていると、コースから離脱した一人の男の子が泣きながら僕に抱き付いて来たのだ。
「胸が苦しい……。もう走れない……」
息を切らせながら泣く男の子には、筆舌に尽くしがたい切なさを感じた。
何故なら、その大会は有志の参加者を募る大会だからである。
きっと親御さんに無理やり応募させられたのだろう。
僕も運動が苦手で、今でこそ「太ってきたなあ」と感じたらジョギングをするが、走りたくない気持ちは、死ぬほど分かる。
「大丈夫?もう走るのやめる?」
そう聞くと、その子は首をすぐ縦に振り、リタイアを決めた。

 

 

脈が早くなっている時に急停止させると心臓に悪いと思い、ゆっくり歩きながら大会本部に向かう僕と少年。
涙をせき止めながら感情を吐露する彼は、気温による生理現象とは別の震えを見せていた。

 

 

大会本部に着き、親御さんを待っているとヒゲを蓄えた恰幅の良い男性が現れた。
その人が少年のお父さんと気付くまでに、些か時間を要したのは言うまでもない。
ポケットモンスター ルビー・サファイア』のゴニョニョからバクオングへの進化ぐらいシルエットに違いがある。
ただ、その人は見た目とは裏腹に、優しい声で少年に話し掛けた。
「お疲れさん。頑張ったなら、それでいいじゃないか」
やはり親と子の絆は強い。
僕はホロッと来つつ、少年に目をやった。

 

 

「お父さん、ごめんなさいいいいいいい!!!!!!」

 

 

優しさが全然伝わってない!
おそらく幼少期特有の親への申し訳無さだろう。
大人からするとそうでもない事が、子ども達は健気な罪悪感に苛まれたりする。

 

 

少年は、そのままコースに戻り、ゴールゲートを潜って逃げ去って行った。
いや、お前、そんなに速く走れるんかい!
横に居たお父さんは、溜め息をついていた。
そりゃ期待して応募もするわな、うん。